極寒を耐えられるコート

Posted by: zLpSPmXG

10月 20th, 2014 >> 未分類

私は、ちょっとしたお出かけに着るコートはいくつか持っていますが、真冬のディズニーランドで吹きさらしみたいな状況に対応できる、ぬくぬくコートは持っていないんですよ。

毎年「今年こそはしっかり防寒できるコートが欲しい!」と思うんですが、運命の出会いができないままなんです。

 

真冬用の防寒コートは、まずたっぷりした長さがないといけません。

それこそスポーツ用のフィールドコートみたいなのが、一番いいんでしょう。

だけどなかなか、デザインの面で気に入ったものを見付けることができません。背中にブランドのロゴがビシッと入っている…なんていうフィールドコートは、いくら暖かくてもちょっと…。

 

そこそこ温かいのはダウンコートだと思うんですが、それだったら手ごろなものを持っています。長さはまあまあで、ふとももの真ん中くらいまでの長さがあって、冷えやすいおしりのあたりはばっちりカバーできます。

だけど去年の冬、確か2月だったと思いますが、それを着てサッカーの試合を見に行ったら、見事に風邪をひいてしまいました。

やっぱりそこらへんのお店で買ったダウンコートじゃ、真冬の屋外の寒さをしのぐのはムリなんだと思います。

 

それからは、極寒と思われる誘いには行かないようにして対策してます(笑)

だけどお断りできる場合じゃないこともあるし、やっぱりヘビーな状況にも対応できるコートがいるよなあ~と思っているところ。

この冬こそ、機能面でもデザイン面でも、そして価格面でも満足できる真冬用コートに巡り合えたらいいなと思ってます。

冬のニット帽の悩み

Posted by: zLpSPmXG

10月 11th, 2014 >> 未分類

冬のコーデでよくみかけるニット帽をプラスしたコーデ。

とってもかわいくてマネしてみたいんですが、そうすると中の髪の毛がぐちゃぐちゃになってしまって、今度は脱ぐことができなくなるんですよね。

私の髪質のせいなのか、ぺったんこになってしまって、ものすごくおかしいんです。

 

よくテレビでもかわいくニット帽をかぶっている芸能人を見かけますが、あの人たちは収録中にはニット帽をとったりしてないですね、そういえば。

一度かぶってしまったら、もう外さないというのがニット帽のおしゃれのセオリーなのかも。

そういうことなら、私はニット帽のおしゃれは向いていませんね。

だって、お店に入ったり、誰かのおうちにお邪魔したときは、帽子をとりたいですし、ずっとかぶったままだと落ち着かないんです。

 

お店の中でもニット帽をかぶったままの人、そういえばよく見かけます。

その人たちには抵抗がないということなんでしょうね。

一歩室内に入ったら帽子を取るのが礼儀!って教えられていた昭和の人間なので、やはりかなり抵抗があるんです。

 

黒澤さんみたいに、頭にぴったり沿ったニット帽だったら、体の一部みたいな感じでいいのかもしれないですが、ふんわりちょこんと乗せる感じのニット帽だとダメなんです。

ホント、みんなニット帽の中の髪の毛はどうしているんでしょうね。

帽子をとったらセットし直しとか?でもそんなの手間がかかりすぎるし…。

冬にニット帽がかぶれないせいで、おしゃれの楽しみが減っている気がしてなりません。

今年顔のタートルネック

Posted by: zLpSPmXG

10月 2nd, 2014 >> 未分類

毎年タートルネックは愛用しているんですが、今年は例年にも増してタートルネックがトレンドになっているようですね。

ちょうど買い足そうと思っていたところなので、どうせ買うなら思いっきり今年顔のタートルネックを選んじゃおうと思います。

 

今年のトレンドは、ネックやそでの部分が長くて、折り返したりくしゅくしゅさせたりできるものです。

そして私的には、見頃がちょっとゆったりしていて、首やそでのぴったり具合でうまくメリハリがあるものがステキだなと思ってます。

これまではタートルネックはインに着る脇役という扱いが多かったんですが、今年のタートルはそれ一枚でもシルエットがきちんと決まるようになっているんですね。

 

とりあえず定番カラーであるブラックと、霜降りグレーを選ぶつもりです。

もし予算が許せば、さし色となりそうなワインやマスタードカラーも買いたいですね。

こちらはどうしてもというわけではないので、あくまで次点として考えてます。

冬はそのほかにも、コートやジャケット、マフラーやスヌードなどの小物を買い足す必要があるので、あまりひとつのアイテムに予算をつぎ込むことはできませんからね。

 

私の理想とするタートルネック、先ほどぱらぱらとカタログを見ていたら、さっそくいいのを見付けちゃいました。

コットンシルク素材でお肌に優しいし、お値段もそれほどお高くありません。

何より大人っぽいデザインが気に入りました。

リアルショップでも一応見てみますが、なかったらこちらの通販でゲットしちゃおうと思ってます。

脚を出したくない女性の強い味方

Posted by: zLpSPmXG

9月 29th, 2014 >> 未分類

もうすぐ秋がくるので、ショートパンツやスカートの下にレギンスやトレンカをはいていても暑苦しく感じないので、これからどんどん出番が増えそうです。
ただ私の彼はレギンスやトレンカがあまり好きではありません。
数年前にトレンカが流行った時、当たり前のように夏でもショートパンツの下にはいていたら「そんなのはいて暑くないの?」と一言言われました。
確かに暑い!
でもトレンドだしOKでしょ。
と思ったんですが、それ以来彼からは「忍者みたい」だの「色気がない」だの言われ放題です。
赤やパープルなどの派手なカラータイツもNGだと言っていました。
そんなものをはくなら、肌色のパンストのほうがよっぽどいいんだそうです。
確かに夏はくと暑いけど、秋ならいいですよね。
それに脚が太くて気になるので、こういうものをはいているとちょっと安心感があったりもします。
色も黒なので引き締まってみえるし一石二鳥ですし。
男の人って基本的に露出が好きですからね。
それも、あっちもこっちも出しているのではなく、一部分が出ていると女性の色気を感じるんだそうです。
だから、ミニスカートやひざ丈スカートは女らしさがぞんぶんに出るのでみんな好きなんだと思います。
でもこっちの気持ちも少しは考えて欲しいなぁ…なんて。

レギパンはデイリー使いに便利!

Posted by: zLpSPmXG

9月 3rd, 2014 >> 未分類

ここ1年程「レギパン」という言葉かなり知れたと思うのですが、このレギパンその名の通りレギンスとパンツの中間を意味するもので、かなりぴったり目な細身のパンツです。
そんなレギパン、実は私もかなりの愛好者でほぼ毎日のように着ていますが、コレは本当に買ってよかった! と、思えるのでその魅力について語っていきたいと思います。

まずレギパンの何が凄いか? と、言うと……1枚でパンツ履きをしても、チュニックなどでアワセをしてレギンス履きをしてもOKというところです。
ですので、女の子らしいふんわりスタイルにも、1枚でストイック&クールな美脚重視のパンツコーデとしても双方で楽しめるのです。
本当に色んなスタイルに応用力が抜群な点「これは買って良かったな」なんて私は思えてしまいました。
また、ものによってはウエスト部分がゴムで出来ているので、ちょっと食べ過ぎたなんて時にもあまり苦しさを感じる事がありません。
実は私かなりの胃下垂なので食事後ってカエルみたいなおなかになってしまうのですが、普通のパンツだとかなり苦しいと感じてしまうものの、レギパンの時にはこういった苦しさが殆ど無いものです。
そのあたりも本当に嬉しいと思えますね♪
また最後の理由としては何と言っても安いという所でしょう。
基本的に私はネット通販のプチプラショップでまとめ買いをしていますが、1本1000円もいかないので手軽だなと思える所が主婦のお財布にとっては本当に嬉しいなと思えます♪ 安い・可愛い・着回し力抜群! 本当にデイリー使いに便利なアイテムだなと思えます♪