モンクレールの雪山風景シリーズ

Posted by: zLpSPmXG

12月 17th, 2014 >> 未分類

アウトドアブランドのモンクレールが、この冬限定の、山の風景を落とし込んだダウンジャケットを発売しています。

その名は「モンクレール ブラックアウト(MONCLER BLACKOUT)」。

新宿の伊勢丹で開かれている、12月の31日までの期間限定ショップで手に入れることができます。

 

これはイギリス人写真家のダン・ホールズワースの写真集『BLACKOUT』に収録された写真からインスピレーションを得たものだそうです。

私が見たのは、ブラックに雪をかぶった山の写真がプリントされたものです。

背景の黒と、山の白と、ところどころに見える岩のグレーが見事に調和して、よく見たら雪山だと分かる程度なのが、とてもおしゃれですね。

近くで見過ぎると、雪山だとは分からないと思います。少し引いて全体を見るようにすると分かるという感じです。

 

アイテムごとに雪山の写真が少しずつ違っていて、右肩上がりのもの、山頂がふたつあるものなど、差があるのが面白いですね。

またパンツにも雪山がプリントされていて、上下セットで着られるようにもなっています。

上下で着たら、強烈な寒波が何度も襲来するという極寒のこの冬も凍えることなく過ごせそうですね。

 

伊勢丹のショップでは、先着50名にモチーフとなった写真集をプレゼントする企画があるそうです。

この冬限定のこのシリーズを手に入れるなら、ぜひ写真集も手に入れたいところですね。

限定ショップは12月の26日からの6日間の開催です。欲しい人は、早目に訪れてみてくださいね。

北欧柄のニット

Posted by: zLpSPmXG

12月 1st, 2014 >> 未分類

最近、北欧柄がかわいいなあ~と思うようになりました。

とりたてて派手な柄でもないのに、色使いが斬新だったりして、どこかほんわかと暖かい感じがいいんです。

 

先日妹がプレゼントしてくれたのも、そんな北欧柄のアイテムです。

胸の部分にしろくまが寝転んでいる模様の青色のニットで、これは妹と色違いだそうです。

そして青緑のテキスタイルを使ったミニポーチ。

聞いてみたら、仕事の研修でデンマークとフィンランドに行っていたということで、そのお土産をくれたのでした。

 

妹は福祉関係の仕事をしていて、その先進国である北欧諸国には、定期的に視察に行くんだそうです。

今回は10日間の日程で、2か国の福祉施設を見て回ったとか。

自由時間もわりとあって、異国でも元気な妹は、フルにその時間を使ってかわいいものをたっぷり見てきたと言ってました。

 

その辺の雑貨屋さんにある、何気ないものがかわいいんだそうですよ。

そしてあちらはとても寒いので、防寒着がすごく機能的で、しかもおしゃれなんだとか。

妹もデンマーク製のマウンテンパーカを買ってきたそうです。

それはあいにく画像でしか見られませんでしたが、いかにも北欧といった色使いのかわいいものでした。

あちらでは小さい子どもからすでに、色使いがすごくおしゃれなんだそうですよ。

 

妹にもらったニット、編地がつまっていてすごく暖かいので、かわいいだけじゃないんだな、さすが!と感心しました。

近いうちに寒波襲来というニュースもありましたし、しまいこまずにすぐ着られるように、スタンバイさせておこうと思います。

主人は流儀圧搾が好きらしい?

Posted by: zLpSPmXG

11月 24th, 2014 >> 未分類

流儀圧搾というブランドをご存知でしょうか?
あんまり知られて居ないブランドかも知れませんが、和風系のアイテムを扱うブランドショップです。決して単価は安いとも言えず結構お高い雰囲気はあるブランドですが、私の主人はこの流儀圧搾がかなり好きらしくてよく買い物に出かけます。
カジュアルスタイルに和風系をMIXしたような雰囲気ですが……正直私から見ると「粋」だとは思えるのですが……どうしても「柄が悪いな」と思えてしまうものです。
多分価値観の違いなどもあるかも知れません。

例えとして”タトゥー”の話をしましょう。
海外では一般的なトライバルアートのタトゥー。
日本人がもししているとしても柄が悪いという印象もあるかも知れませんが、日本独自の入れ墨の和彫りなどに比べてしまうと、ファッショナブルな印象があるものですよね?
和彫り……と、聞くとどうしても「そっちの人」「カタギじゃない人」を連想してしまうものには違い無いです。

何だか和風でも厳つい雰囲気が強いものだとどうしてもそんな印象が強くなってしまうものですね。小物だけならばOKかも知れませんが、全身を固めてしまうと何だか威圧的な雰囲気が強くなってしまって個人的にはNGだな何て思えてしまいます。
本当個人の趣味もあるので完全否定なんかはしませんが、最も身近な存在である夫に柄の悪さは全く求めていないので全身和柄だけは止めてもらいたいな……なんて思えてしまいます。せめてポイント使いに押さえてもらいたいものだなと思ってしまいますね。

真冬の夜中の寒さをしのぐ

Posted by: zLpSPmXG

11月 19th, 2014 >> 未分類

数年前に、夜中に働いていたことがあります。

24時間営業のレストランのキッチンで働いていたんですが、帰宅するのはいつも深夜の1時や2時でした。

特に冬場の深夜は耳がちぎれるかと思うほど寒くて、仕事の行き帰りに着る洋服は自然にスグレモノばかりになりました。

 

仕事に向かう夜の9時くらいは、寒いですがまだ比較的マシです。

ですがその時の体感温度に合わせて洋服を選んでいてはいけません。

ちょっと着すぎ?くらいでも、全然問題ありません。

なので私は、いつも1枚多く重ね着をして通っていました。

 

最初の頃は、髪の毛がぐしゃぐしゃになるのがいやで、体はきちんと防寒しても頭はそのままでした。

だけど氷点下になる深夜に、無防備なままの頭でいては、帰宅するまでに冷え切ってしまうんですね。

なので年末から2月くらいまで、ファッションよりも防寒ということで、帽子をかぶって、ネックウォーマーを鼻までかけて、出ているのは目だけというかっこうで通ってました。

そうでもしないと、お店から家までの10分程度でも、体が冷え切ってしまって、深夜にお風呂をわかして入らないことには寝付けない…ということになってしまうんです。

 

一歩キッチンに入ると、調理していますから暑いくらいです。

冬でもキッチンメンバーは半そでなんですよ。

外の気温との落差が激し過ぎて、店の外に出ると頭がキーンとするくらいでしたね。

そのときに着ていたもこもこコートやあったかパンツは、今でもスケートに行ったりするときに活躍してくれていますよ。

着るたびに当時のことを思い出してしまいます。

どんどん増えていく子供服

Posted by: zLpSPmXG

11月 10th, 2014 >> 未分類

衣替えの時期になるとため息をつきたくなるのが子供服の整理です。
もう私の倍以上はあります。
子供はすぐに大きくなるので、すぐ着れなくなるのに、どんどん買ってしまうんですよね。
わかっちゃいるけどやめられないんです。
だって、かわいくてついつい手が伸びてしまうんです。
最近買ったのはダウンベストです。
ちょうどこの時期に着るアウターがないなぁと思っていて、パーカーだと普段着すぎるし、11月ではちょっと寒く感じたりもします。
そういう時にちょうどいいのがダウンベスト。
モコモコのフード付きでお値段は6900円でした。
一応子供服ブランドのものだったので、お値段高めでしたが、私も娘もかわいさに惚れて勢いで買いました。(笑)
やっぱり服を買う時は勢いも大事ですよね。
最初に目をつけたものは絶対に買わないと後悔すると自分の中では思っているので、サイズがなくなる前に買っておきました。
ちなみにサイズは1サイズ大きめを買って、来年できれば再来年まで対応できるようにしています。
少しでも長く着られるようにと考えて買い物しているのに、どんどん子供服って増えていってしまうのが悩みの種でもあります。
みなさんはどうやって収納整理しているのかが知りたいです。

冬ならではの雪山ファッション

Posted by: zLpSPmXG

11月 5th, 2014 >> 未分類

冬にしか着ないファッションの代表と言ったら、スキーウエアやスノボウエアでしょう。

私が最後にスキーをしたのは、今から20年以上も前のこと。そのときは、ちょうどスノボが流行り始めたころで、少しだぼっとしたストリート調のスノボウエアが、とても新鮮に見えたものでした。

 

その当時のスキーウエアは、ぴっちりしたレギンスみたいなパンツが主流で、上は今のウエアにも通じるだぼっとしたタイプのものと合わせるのが定番。

女の子はほとんどが、上ダボっ下ピチっという感じで、ブーツをはくとその中にパンツが入ってしまうので、雪よけにブーツの上からカバーをつけるのがこれまた定番でした。

 

今みたいに、ブーツの上からだぼっとしたパンツをかぶせるというスタイルになったのは、まさにスノボが出てきてからです。

ちょうどそのころにウエアを買い替えた私は、ピチピチパンツにさよならして、ゆったりしたパンツを購入して、すごく新鮮な気持ちになりましたよ。

実際にはいたときも、すごく便利でした。だって雪よけをわざわざかぶせなくても、上からパンツがかぶさっているから、雪が入ってくることはないんです。

 

その新しいパンツは、結局2回くらいしかはかないまま、妊娠してからはずっとスキーとはごぶさたが続いていますね。

だけど形的には、今でもまだはけそうかなと思います。ちょうど娘が中学生になったので、今年のスキー合宿には、20年前のスキーパンツに防水スプレーをかけて、貸してあげようと思ってます。

ジャンパースカート人気が再燃

Posted by: zLpSPmXG

10月 26th, 2014 >> 未分類

私が10~20代のころ、ジャンパースカートが流行してました。

その後すっかり姿を消して、ずいぶん見かけてなかったんですが、このところのレトロブームに乗っかって、ジャンパースカート人気が再燃しているんですね。

 

とはいっても、昔みたいにゆったりしたものではなくて、きちんとした印象で着こなせる、すっきりした印象のものが主流みたいです。

先日出かけたときも、何人かジャンパースカートを着ている人を見かけましたが、どの人もクラシカルに、きちんと着こなしておられました。

 

さすがに20代のころのジャンパースカートをとってあるわけではないので、もし買うとしたらこの冬かなと思ってます。

そして買うとしたら、ブラックのシンプルなジャンパースカートがいいですね。

ひざ丈の、上品な印象のもので、タイトすぎないもの。そして体のラインを上手にカバーしてくれるものを探したいと思います。

あんまりゆったりしていると、妊婦さんみたいになってしまうので、その辺はしっかり試着をして、絶妙のラインを探したいですね。

 

もし理想のブラックのジャンパースカートが見つかったら、足元はブーティを合わせて、ハンサムな感じに着こなしたいと思ってます。

全身をモノトーンで仕上げて、バッグでちょっと遊ぶくらいがいいかな。

頭の中には、しっかりと理想のイメージがあるんですが、はてさて、実際に見つかるかどうか?

宝探しゲームみたいな気持ちで、楽しんで探してみたいと思います。

極寒を耐えられるコート

Posted by: zLpSPmXG

10月 20th, 2014 >> 未分類

私は、ちょっとしたお出かけに着るコートはいくつか持っていますが、真冬のディズニーランドで吹きさらしみたいな状況に対応できる、ぬくぬくコートは持っていないんですよ。

毎年「今年こそはしっかり防寒できるコートが欲しい!」と思うんですが、運命の出会いができないままなんです。

 

真冬用の防寒コートは、まずたっぷりした長さがないといけません。

それこそスポーツ用のフィールドコートみたいなのが、一番いいんでしょう。

だけどなかなか、デザインの面で気に入ったものを見付けることができません。背中にブランドのロゴがビシッと入っている…なんていうフィールドコートは、いくら暖かくてもちょっと…。

 

そこそこ温かいのはダウンコートだと思うんですが、それだったら手ごろなものを持っています。長さはまあまあで、ふとももの真ん中くらいまでの長さがあって、冷えやすいおしりのあたりはばっちりカバーできます。

だけど去年の冬、確か2月だったと思いますが、それを着てサッカーの試合を見に行ったら、見事に風邪をひいてしまいました。

やっぱりそこらへんのお店で買ったダウンコートじゃ、真冬の屋外の寒さをしのぐのはムリなんだと思います。

 

それからは、極寒と思われる誘いには行かないようにして対策してます(笑)

だけどお断りできる場合じゃないこともあるし、やっぱりヘビーな状況にも対応できるコートがいるよなあ~と思っているところ。

この冬こそ、機能面でもデザイン面でも、そして価格面でも満足できる真冬用コートに巡り合えたらいいなと思ってます。

冬のニット帽の悩み

Posted by: zLpSPmXG

10月 11th, 2014 >> 未分類

冬のコーデでよくみかけるニット帽をプラスしたコーデ。

とってもかわいくてマネしてみたいんですが、そうすると中の髪の毛がぐちゃぐちゃになってしまって、今度は脱ぐことができなくなるんですよね。

私の髪質のせいなのか、ぺったんこになってしまって、ものすごくおかしいんです。

 

よくテレビでもかわいくニット帽をかぶっている芸能人を見かけますが、あの人たちは収録中にはニット帽をとったりしてないですね、そういえば。

一度かぶってしまったら、もう外さないというのがニット帽のおしゃれのセオリーなのかも。

そういうことなら、私はニット帽のおしゃれは向いていませんね。

だって、お店に入ったり、誰かのおうちにお邪魔したときは、帽子をとりたいですし、ずっとかぶったままだと落ち着かないんです。

 

お店の中でもニット帽をかぶったままの人、そういえばよく見かけます。

その人たちには抵抗がないということなんでしょうね。

一歩室内に入ったら帽子を取るのが礼儀!って教えられていた昭和の人間なので、やはりかなり抵抗があるんです。

 

黒澤さんみたいに、頭にぴったり沿ったニット帽だったら、体の一部みたいな感じでいいのかもしれないですが、ふんわりちょこんと乗せる感じのニット帽だとダメなんです。

ホント、みんなニット帽の中の髪の毛はどうしているんでしょうね。

帽子をとったらセットし直しとか?でもそんなの手間がかかりすぎるし…。

冬にニット帽がかぶれないせいで、おしゃれの楽しみが減っている気がしてなりません。

今年顔のタートルネック

Posted by: zLpSPmXG

10月 2nd, 2014 >> 未分類

毎年タートルネックは愛用しているんですが、今年は例年にも増してタートルネックがトレンドになっているようですね。

ちょうど買い足そうと思っていたところなので、どうせ買うなら思いっきり今年顔のタートルネックを選んじゃおうと思います。

 

今年のトレンドは、ネックやそでの部分が長くて、折り返したりくしゅくしゅさせたりできるものです。

そして私的には、見頃がちょっとゆったりしていて、首やそでのぴったり具合でうまくメリハリがあるものがステキだなと思ってます。

これまではタートルネックはインに着る脇役という扱いが多かったんですが、今年のタートルはそれ一枚でもシルエットがきちんと決まるようになっているんですね。

 

とりあえず定番カラーであるブラックと、霜降りグレーを選ぶつもりです。

もし予算が許せば、さし色となりそうなワインやマスタードカラーも買いたいですね。

こちらはどうしてもというわけではないので、あくまで次点として考えてます。

冬はそのほかにも、コートやジャケット、マフラーやスヌードなどの小物を買い足す必要があるので、あまりひとつのアイテムに予算をつぎ込むことはできませんからね。

 

私の理想とするタートルネック、先ほどぱらぱらとカタログを見ていたら、さっそくいいのを見付けちゃいました。

コットンシルク素材でお肌に優しいし、お値段もそれほどお高くありません。

何より大人っぽいデザインが気に入りました。

リアルショップでも一応見てみますが、なかったらこちらの通販でゲットしちゃおうと思ってます。